「飲む点滴」と言われる甘酒で健康と美容を美味しく管理♪土鍋での作り方やオススメの飲み方も◎

こんばんは!きゃり。です♪

昨夜の台風は凄かったですね~!!
風と雨が凄まじく、ほんとに家が飛ばされるかと思った(*_*)
皆さんのお住まいの地域は大丈夫だったでしょうか?

でも朝には台風もすぎてしまい気持ちいいくらいの秋晴れ!!
ここ数日雨続きで洗濯物は乾かないし
なんだかテンションも上がらないしで散々だったので嬉しくなっちゃいました\(^o^)/

ずっと浴室乾燥機頼りだったけど
これで思う存分布団も洗濯物も干せる~♪
長雨の後はしばらく洗濯おばさんと化します。笑

ラベモではさらに洗濯を楽しくするラベルが多数ラインナップされてますので
是非ダウンロードしてみてくださいね!

▼シンプルなモノトーンラベルはこちら
▽粉末やジェルにピッタリのモノトーンラベルはこちら
▼不貞腐れた猫が可愛い!クレイジーキャットラベルはこちら
▽大好評!クレイジーキャットラベル第2段はこちら

さてさて、前回のわたしの雑談では「雑穀米」について
クローズアップさせていただきました♪
オススメショップもご紹介させて頂いてるので良かったら覗いてみてくださいね( ^ω^ )

この2~3年で健康に気を使うようになりました。
歳のせいなのか疲れやすく、やらなきゃいけないことが多くて
子供たちを寝かしつけてからついつい夜更かしをすることもしばしば…
そうすると余計に疲れが取れないしお肌も調子が良くなーい(TT)20代前半はね、オールしても全然平気だったけどもう30代。
色んな皺寄せが出てくるので美容だけでなく健康管理もしっかりやりたいところです。雑穀米もそんな健康管理の一つ。
でも実はわたしが雑穀米よりも前から続けているものがあるんです◎

それは甘酒です!

皆さん甘酒って好きですか?
実はわたしは1年ほど前までほとんど飲んだことがありませんでした。
数年前に1度だけ初詣で旦那くんが神社で振る舞われていた甘酒を飲んでいたので
一口もらったんですが
「なんか甘いお酒って感じで好きじゃなーい(´Д`)」が率直な感想でした。

なんだろう、酒粕の独特な香りが微妙に苦手だったんですよね。
もう二度と飲まない!と思ったのになぜ飲んでるか?
それは単純に美容にいいと聞いたから。笑

結構いろんなものに振り回されやすい女なんです。笑

しかし美容にいいって実際にどんな効果があるのか?
自分で色々調べました!!

甘酒のスゴい効果
甘酒ってなんとなく冬に飲むイメージがありませんか?
もちろん季節問わずいつでも飲みたいものですが
実は昔から飲まれていて、江戸時代には夏場に売られていたものなんです。

なぜなら甘酒にはたくさんのビタミンや酵素、必須アミノ酸が非常に豊富に含まれおり、
・疲労回復や貧血予防などに効果のあるビタミンB群
・麹菌が持つリパーゼセルラーゼは脂肪を分解、消化吸収効果を高める
・筋肉や脳、血管の細胞を作るために必要な9種類の必須アミノ酸

ちなみに必須アミノ酸は体内で作られることが出来ないので食物から摂取しなくてはいけません。

ビタミンもそうですが、必須アミノ酸なんて9種類も必要だなんて大変そう…
でも甘酒にはこれらがすべてバランスよく含まれてるんです!!

さらにブドウ糖葉酸なども含まれており、
これらの栄養素は点滴で使われる栄養材の成分とほぼ同一なので
「飲む点滴」と呼ばれているんですね(*^^*)

暑くて食欲や体力がどうして落ちているときに甘酒を飲む。
まさに夏にうってつけの飲み物だったのです。

もちろん、夏に限らず一年中飲むことで
普段摂取することが難しい栄養素をたくさん取り入れることができるし
これからの季節あったかい甘酒は心も体もぽっかぽかになります♪

たくさんの栄養素のお陰で

①疲労を回復させる
②ツヤツヤな美髪に
③脂質の糖代謝を促進効果でダイエットにも
④便秘解消
⑤保湿効果で美肌へ

こんなにも女性に嬉しい効果があるんです~!!

ただ問題は味です。
甘酒あがもともと好きな人は問題ないでしょうがわたしはダメだった人間(*_*)

どうしたもんか…と思っていたら
甘酒には米麹で作ったものと酒粕で作ったものがあるということを知りました。

米麹は発酵させる過程で出来るデンプンとブドウ糖のお陰で
砂糖を加えなくても非常に自然な甘味に仕上がるのでカロリーを抑えやすい。
材料は米と米麹だけなのでアルコール分もありません。
たいして酒粕は日本酒のもろみを圧縮したあとに出来た残留物なのでアルコール分を含みます。
砂糖で甘味をつけるのでカロリーが高くなりやすいです。

わたしが神社で飲んだのは酒粕の甘酒でした。
それならば少しでもカロリーが少なくてまだ飲んだことのない米麹の甘酒をチョイス!

市販品を購入していざ!飲んでみると「甘っ!!」Σ(⊙ө⊙*)!!
想像以上に甘くてびっくりしました。
感想としてはあれに似てる、ポン菓子。笑
ポン菓子がドリンクになったみたいでちょっと不思議。

でも幸いなことに味は大好き!なので米麹甘酒を飲むことに決めました♪

最初はずっと市販品を飲んでいたのですが、
なんでも市販品は加熱処理がしてあるそうで…
それだとせっかくの甘酒の酵素の恩恵が受けられないそうなので
自分で作ることにしました!

甘酒って炊飯器で簡単に作れちゃうんですね~♪
わたしの相棒といっても過言ではないCOOKPADにもたくさんレシピが載ってました(^-^)/
でも残念なことに我が家に炊飯器は…ない。笑
なので保温性の高い土鍋で代用しちゃいます!!

~土鍋で甘酒の作り方~

材料
・米   1合
・米麹  200g
・水   700ml

◎米1合を洗い、水を切っておいたものを土鍋に入れて水500mlを入れて30分ほど吸水。
火にかけておかゆを作る。

◎とろとろのお粥ができたら火から下ろして少し蒸らす。
残りの水200mlを加えて粗熱を取る。
このとき大60度前後に。温度計がある場合は計ってください。

なくても指を入れて円にかき回し、2~3周は入れれるけどそれ以上は熱い!くらいが
大体の目安になるので参考にしてください。
もちろん、この辺は自己責任で!火傷には十分注意してくださいね!!

◎温度が適温になったら米麹を入れる。

わたしは近所のスーパーで生麹を購入して使用しています(^^)
近くで手に入らなければネット通販でも購入できますよ♪

◎加えたらよくかき混ぜて下さい。
生麹を使用する場合は冷蔵庫から出してすぐだと麹の冷たさで
お粥の温度が下がるので粗熱を取る時に少しばかり温度が高くても大丈夫!

かき混ぜたあとはこんな感じ。
糊状だったおかゆが一気にさらさらになります。

ここで一度温度をチェック!
麹菌が活発に働くのは60~65度と言われているので
冷めてしまっている場合はもう一度加熱して温度を上げてください。
もちろん温度の上げすぎには要注意!!
麹菌は高温になりすぎると死滅してしまい発酵してくれません。

◎60~65度になったことを確認したらバスタオル等に包んで数時間放置。
土鍋自体保温性が高いですが、バスタオルに包むことでさらに保温力をアップします!

途中2~3時間くらい経ったら一度かき混ぜて温度を確認してください。
冬場は室温も低く、どうしても温度が下がりやすいので冷めてしまったら
先程のようにもう一度加熱。
あとはまたバスタオルに包み直して甘く発酵するまで放置でOKです!

\完成です!/

出来上がった甘酒はほとんどお粥の粒々は残っておらずドロドロです。
清潔な容器に入れて冷蔵保存。大体1週間を目安に飲みきってくださいね!
それ以上おいておくと発酵が徐々に進んで酸味が出てしまいます。
どうしても飲みきれない場合は冷凍保存するか、
火にかけて沸騰するまで加熱してから冷めたものを冷蔵保存してください。
こうすることで発酵を止めることが出来ます。

でもせっかく手作りてして飲むならそのままの生甘酒で♪
酵素が生きたまま摂取出来ますよ♡

もちろんこのままお湯で割って飲んでも美味しいんですが、
わたしのオススメは豆乳で割った豆乳甘酒(*´∀`*)

豆乳にも甘酒に負けず劣らずの嬉しい栄養素がたくさん!
・良質なたんぱく質
・脂肪吸収を抑える大豆サポニン
・脳の活性化に効果のあるレシチン
・女性ホルモンを活性化させる大豆イソフラボン

甘酒+豆乳のダブル効果でさらに美容と健康にいい影響を与えてくれちゃうんです(*´艸`)

もちろん作り方は至ってシンプル◎甘酒と豆乳を1:1で合わせるだけ♪
わたしは100ccずつで飲んでます☆

豆乳はどんなものでもOKですが出来れば無調整のものが◎
調整豆乳だと砂糖が入っているのでカロリーが少し高めに(´×ω×`)

でも無調整だと飲みにくい…なんて心配されてる方でも大丈夫です!
甘酒の自然な甘味が加わることでびっくりするくらい飲みやすいです♡

もともと豆乳嫌いなわたしが言うんだから間違いない。笑
豆乳も甘酒も苦手だったわたしが1年近く続けられているなんて…ほんと奇跡の飲み物です(*´ω`*)

この豆乳甘酒、飲むタイミングとしては就寝前がベスト。
人肌程度に温めた豆乳甘酒を飲むことで
甘酒が入眠効果を高めるための副交換神経を優位な状態にし
ストレスや疲労の改善、美肌効果が得られやすくなります。

さらに豆乳が代謝を促進、体内の糖分や脂肪を消費するように促し
イソフラボン効果で美容効果を高めてくれます(*´˘`*)♡

もちろん就寝前だけでなく、朝に飲むのもオススメ♪
温かい豆乳甘酒を飲むことで代謝も体温も高めてくれるんです☆

わたしはもっぱら朝飲むことが多いですが
大体朝は家事や子供の世話でバタバタしていて
ゆっくり朝食を摂ることが出来ないことが多々あるので、この豆乳甘酒を朝食代わりに(๑•̀ㅂ•́)و✧
朝から良質な栄養補給をすることで一日元気に動けます!

ここで一つ注意が×
豆乳・甘酒ともに飲みすぎには注意してください。
豆乳は1日200ml 程度が理想的だと言われています。
飲みすぎるとお腹が緩くなったりホルモンバランスを崩す恐れがありますので要注意。

甘酒も1日200ml程度に。
甘くて美味しいのでついつい飲みすぎてしまいそうになりますが
もともとはお米で出来ているものなので炭水化物です。
飲みすぎはカロリーの過剰摂取×

何事も適量が大事なので気をつけてくださいね!

健康や美容に効果抜群な甘酒。
スーパーやネットショップで手軽に購入できますし
手作りするのも温度管理さえ気を付ければとっても簡単♪

米麹甘酒ならアルコールを含まないので
お子さんでも飲めて家族まとめて健康にぴったりです!

徐々に冬に向かって寒くなり体調を崩しやすいこの季節。
「飲む点滴」・甘酒を日々の生活に上手く取り入れて美味しくキレイに健康に♡
体調管理してみてくださいね\( *´ω`* )/

きゃり。 ラベモの裏番|レシピ|ブログ担当 浜松市在住のアラサー主婦 A型

広告

シェアする

コメントを残す