2018年 春モデル 新型ipadを買いました(第6世代)|ipadを買ったらやることと壁紙について

2018年春モデル 新型ipadを買いました

 

こんばんは!ぽーです。

私は、

スマートフォン — iphone7
PC — Macbook Pro (もうけっこう古い…)

そして、アップル製品とは高校生の頃持っていたipod miniの頃から、かれこれ15年くらいの付き合いです。

デザイン会社の時は、会社PCがMac Proだった為、データを家に持ち帰る際、自分もMacでないと、という理由で、PCもMacとなりました。

(Mac→Windowsだと文字化けしちゃうんです。)

 

アップル製品同士は、相互性が抜群の為、自然とスマートフォンもiponeになります。

とはいえ、ipad や Apple watche は欲しいと思いつつも、強い必要性には駆られず、現在までスルーしてきました。

 

PCがありますので、動画もネットも見れる、仕事もできる、もちろんブログも書ける。

唯一の難点といえば、型が古いので重たくて、持ち運びには向かないこと。

 

勉強会などがあると、持っていこうか考えるのですが、どうしても重さに躊躇してしまうのです。

Mac book Air を持ち運び用に購入しようかと考えてもいました。

 

そんなことを考えている時に
彗星のごとく?登場したのがipad pro!

 

なんと専用のペンシルを使うと、まるで紙に書くように滑らかに手書きができるとのこと!

 

仕事などでデザインをするときなど、良くペンタブを使うことがあるのですが、

まるで液晶ペンタブのようにipadを使うことができるとのことで、値段を見るまでは買う気まんまんでした 笑

 

ipad pro
10.5インチ
256GB

3G回線まで契約すると…

ざっと10万円以上!!

 

Mac Book Air 買うのとそんなに変わらない!!
しかもApple pencilも別売り(>_<)

 

ちょっとこれでは、手が出せません。。
宝くじが当たったら買おーかなー、で終了。。

 

しかし!!!!

ついにこのたび、2018年春モデルの新型ipadにて、Apple pencil対応の安価なNew ipadが登場!

 

ipad 第6世代
9.7インチ
128GB

3G回線まで契約しても…

おおよそ6万円!!

(なぜかちょっとデザインがダサいけど…)

そこさえ大目に見れば、金額もお手頃で、私の求める機能は十分備わっています!!

カフェでブログも書けます。
液タブ代わりとしてもバッチリ!

重たいMac book proは完全に家用にできます。

 

 

というわけで、

 

 

買いました♡

 

広告

ipadを買ったら行うこと

ipadを起動させたら、まずwi-fiの設定を行い、appleIDでログインを行います。

私の場合は、iphoneのバックアップをそのままipadにも同期させたので(=iphoneと全く同じアプリがダウンロードされる、データが受け継がれる)ダウンロード後がスマホとほぼ同じ状態で使用できました。

また、Apple Pencilの同期も蓋部分を外してipadに繋げ、ベアリングを開始するだけなのでとっても簡単です。

 

いちばん厄介だったのはLINE!

以前までは、ipad専用のアプリがありましたが、今は統一されています。

 

私もけっこう悩みまして、もしかたらipad専用のアカウントを作らなければならないのか?

と思いましたが、調べてくうちに方法がわかりましたので、紹介させていただきます。

ちゃんと、同じアカウントでログインできます!

①スマホ側LINEアプリで「ログイン許可」をする

 

②メールアドレスとIDの入力またはQRコードでログインする

個人的には、QRコードがおすすめです。

スマホのLINEのQRコードリーダーでipad上のコードを読み取るだけですよ!

 

なにはともあれ「ログイン許可」が重要です!

 

広告

壁紙についての注意点

アプリとか、機能とか、設定とか、

言いたいことは色々山積みなのですが、最初にやることなどを紹介していたらだいぶ長くなってきてしまいました・・・。

というわけで、今回はipadの注意点をもうひとつ紹介して、次回また改めておすすめのアプリなどを紹介させていただきますね!

 

さて、ipadの画面のサイズは、2048 × 1536ピクセルです。

長方形サイズですし、同じく2048 × 1536ピクセルの画像を壁紙にすればいいと思ったら、大間違い!

 

ipadの壁紙は、縦向きと横向きで画像も回転させてくれるわけではありません。

 

縦から横になった場合、横向きにした分、画面が横に広がり、縦が狭まります。

画像が足りない分は、画像を無理に引き伸ばしてしまうため、横向きにすると変な大きさとバランスの壁紙になってしまうのです。

 

それを防ぐには、縦でも横でも途切れないサイズの壁紙が必要になってきます。

正方形サイズ、2448 × 2448ピクセルの画像が必要で、なおかつ縦でも横でもバランスが崩れない画像が理想的です。

 

appleのプリセット画像は、波でした。

空とか、波とか、宇宙とか、なんか壮大な感じで嫌いではありませんが、

 

やっぱりオリジナリティを出したい今日この頃。

 

GAHAMAさんのスマホ壁紙は人気ですが、

大人気のカレンダー付き壁紙が今年(前半)バージョンになって再登場!

https://st-design.site/info/20180115_calenderdesktop

 

こんな感じでちょっとおしゃれな、カレンダー付き壁紙が欲しいと思い、

 

簡単に作ってみましたー!

 

シンプルな壁の壁紙です。

個人的には、真っ白い壁紙だと眩しいので、このような若干グレーがかった色が好きです。

 

実際には、このようなイメージです。

横向きでも大丈夫です。

けっこう長方形サイズの壁紙が多いですが、できればこのように正方形がおすすめですよ!

 

画像を長押しして、『イメージを保存』すればダウンロード可能です。

 

また新型ipadについて、機会を設けて紹介させていただきますねーー!

ぽー ラベモのサイト運営|デザイン|ブログ担当 浜松市在住のアラサー会社員 独身 B型 本業はネットショップ運営で、副業でDTP、WEBデザインをたまに請け負っています。よくきゃり。さんの家に行って美味しいごはんを食べさせてもらっています。麻雀も競馬もパチ&スロもやるギャンブラー心の持ち主です。

広告

シェアする

コメントを残す