焙煎方法&挽き方別!コーヒー豆ラベルでワンランク上のホームカフェを目指しませんか?

少し暖かくなってきて、昼間はじんわりと汗をかくときもあります。

みなさまは、コーヒーはお好きですか?

 

そこまで豆の違いなどに詳しいわけではないので、豆には少ししかこだわりませんが、最近、水出しコーヒーに嵌っている、ぽーです!

コールドブリューコーヒーが手軽に作れるこんなのが欲しいな〜なんて最近考えているほどです。

でかいですが、家族全員1日に1〜2杯飲むと思えば、インスタントよりもワンランク、美味しいコーヒーが飲めて、喫茶店や買ったものよりも安上がりで、いいなあ、なんて憧れています。

今の所はこんな感じの

水出しポットで毎日せっせと仕込んでいます。

それほどたくさんできないので、毎日争奪戦状態ですw

 

我が家には現在、GAHAMAさんが引っ越す際にくれた、コーヒーメーカーもあるので、今我が家には基本的に2種類の挽いた豆がストックされています。

 

水出し用と、ドリップコーヒー用。

抽出方法によって、豆の荒さや焙煎方法が異なった豆が良いよとカルディのお姉さんに教えてもらいました。

カルディのお姉さんに選んでもらった豆をそのまま2種類置いています。

 

我が家では無印のガラス瓶に入れて無造作に置いてある感じなのですが、ぱっと見、遠目で見ると全く同じ物体です。

ラベルなど何もないので、間違えたことも何度かありました…(๏д๏)

 

極め付けは、買い足した際にうっかり、違う種類の挽いた豆をザバーっと入れてしまった、つい先日の出来事。

ほんとに、寝ぼけていたとしか思えないうっかりっぷり。

今度カルディのお姉さんにどうすればいいか聞きに行かなきゃ!!笑

 

というわけで、こんなことが起こらないように、ラベルの製作を心に決めました!

ビンテージシリーズ第3段!悲劇が生んだ(?)焙煎方法や挽き方別のコーヒー豆保存ラベル!

 

シンプルヴィンテージなデザインにしてみました。

単純明快なラベルです。

アタマ用のラベルも用意しております。

こんな感じで、下地の色をカッティングシートや色違いで分類すると、さらにわかりやすいです。

いろんな豆を使い分けてみたいものです。

こういった缶はもちろん、パウチ袋、瓶など、様々なケースでご活用いただけます。

こちらは、瓶に貼ったイメージ。

 

また、ラベルは5種類

・極細挽きイタリアンロースト

・細挽きフレンチロースト

・中細挽きレギュラーロースト

・中細挽きフレンチロースト

・細挽きシナモンロースト

を用意いたしました!

 

以下より、PDFでダウンロードいただけます!

透明ラベルでもご使用いただけます。

Download (PDF, 171KB)

ラベモのラベルデータはご家庭用、商用問わず、無料でどなたでもご利用可能です。
PDFを印刷してご利用ください。

 

 

↓ 過去のヴィンテージシリーズ

ヴィンテージラベルシリーズ:お掃除ラベル|男前インテリアに!

ヴィンテージラベルシリーズ:ランドリーラベル|男前インテリアに!

ぽー ラベモのサイト運営|デザイン|ブログ担当 浜松市在住のアラサー会社員 独身 B型 本業はネットショップ運営で、副業でDTP、WEBデザインをたまに請け負っています。よくきゃり。さんの家に行って美味しいごはんを食べさせてもらっています。麻雀も競馬もパチ&スロもやるギャンブラー心の持ち主です。

広告

シェアする

コメントを残す