こんばんは!きゃり。です☆

すっかり梅雨も空けて毎日暑いですねー!
この前の三連休に名古屋へ行ったんですがもう浜松の比じゃなかった。笑
外を5分も歩いてられない!!
とにかく地面からの照り返しがやばい…生肉置いたら焼き肉出来るんじゃないだろうか←

室内にいても汗がだらだらと出てほんとに死にそう(_)
UMEKOも書いてましたが水分&塩分補給をお忘れなく!
電気代が気になるところですが、ここはそんなこと気にせずエアコン付けましょう!
電気代よりも健康の方が大事ですからね(>_<)

そんな毎日暑い中ですが、少し自分の時間に余裕が出来てきた最近は
趣味のお菓子作りに没頭しています♪

一人だと集中出来るのでいろんなものを作れるので楽しい!!

わたしの場合、基本的に作りたい=食べたいという方程式があまり当てはまらないので
作ったものは子供たちが食べるかママ友なんかにお配りしています(^^)
あ、もちろん主にぽーさんも含まれます。笑

この季節だとゼリーやプリンなどの冷たいお菓子を作りがちですが
お配り用となると量産出来て日持ちのしやすい焼き菓子が◎
クッキーやマフィン、パウンドケーキなんか定番ですよね♪

この間もちょうど1本だけバナナが残っていたのでチョコバナナマフィンに♪
チョコ×バナナは個人的に最強だと思っていますw
ついでにクッキーも勢いで作っちゃいました(´ー∀ー`)

さて、ここで質問です。
皆さんも一度は誰かに手作りスイーツをプレゼントされた経験ありますよね?
その時どうやって包装して渡しましたか??

一番簡単のがジップロックのようなチャック付きビニール袋に入れるという方法かな?
確かに手軽ではありますがなんとも垢抜けない印象になりがち…
じゃあ100均などに売っているラッピングキット!
これだと凄くキレイに見えます♪でも入っている枚数が少なく
大人数に配りたいときなど数が必要な場合は割高になってしまう×

そこでわたしがオススメしたいのがスイーツヘッダーです!!

そもそもヘッダーとはなんぞや?って方も多いですよね、きっと。
よく市販のお菓子なんかの袋上部を挟みこんでいる紙のあれです、あれ。←分かりづらいw
実際に見てもらえれば分かると思うので早速使い方をご説明しますね!

まずはラッピングしたいお菓子を小分け用のビニール袋に詰めていきます。
この時使用するのはガス袋がオススメです!

こちらはサイズが豊富なので用途に合わせたものをご使用下さいね♪
ガス袋は空気を通さないのでお菓子の酸化を防いでくれます◎

その際にこちらの脱酸素剤も入れておくと更に完璧です。

詰め終わったらフードシーラーで密閉します。

我が家が使用しているのはこちらの商品↓

クリップタイプで挟んでボタンを押すだけ!
お値段も手頃だし、食べ残したお菓子や食品の袋も密閉出来るのでとっても便利です♪

次にダウンロード&プリントしたヘッダーをそれぞれカット。
色んなサイズに対応出来るように、100mm・85mm・70mm・50mmの4サイズをご用意しましたの☆

カットしたら真ん中に折り目となる中心線が入っているのでそこに会わせて山折りにします。

あとはシーラーで密閉した上部にヘッダーを挟み込んでホッチキスで止めるだけです!!

行程はとっても簡単ですよね♪
それなのに出来映えはお店の売り物みたいに仕上がります♡

カラーもどんなスイーツにも合わせやすいシンプルな4パターン♪

季節問わ使えるデザインなのはもちろん、
だたチャック袋やラップなんかに包んで渡すよりも遥かにオシャレ!!
貰う側ととしてもなんだか嬉しくなっちゃいますよね♡

私の不格好なお菓子達もなんだか一丁前に売り物のように見えます。笑

ガス袋やフードシーラーは少し初期投資が必要ですが、
枚数も100枚と大容量だしトータルすれば100均のラッピングキットを買い続けるより遥かにお得です!!

お裾分けだけでなく、様々なシーンでのギフトラッピングにも使えるので
是非ダウンロードしてみてくださいね(´ω` )/♡

Download (PDF, 577KB)

Download (PDF, 552KB)

Download (PDF, 523KB)

Download (PDF, 571KB)

Download (PDF, 523KB)

Download (PDF, 627KB)

ラベモのラベルデータはご家庭用、商用問わず、無料でどなたでもご利用可能です。
PDFを印刷してご利用ください。

※再配布|データ販売 はご遠慮ください。
著作権はST Designになります。

 

きゃり。 ラベモの裏番|レシピ|ブログ担当 浜松市在住のアラサー主婦 A型

広告

シェアする

コメントを残す